旅をしよう

Welcome to Bicycle Trip!

ベトナムローカル

小さな町の

コンビニとも言えない商店で

謎な竹筒のタバコでひと休憩

 

f:id:yuki_maruiyama:20181212214508j:image

 

ただただむせて

焦げた匂いが体中にしみた

 

あんなに楽しそうに吸ってたのに、、、

 

これは何なんだ?

火縄銃のように火をつけ

ひと呼吸で一気に吸う

火をつけては吸って、つけては吸って

お茶を挟んでこれを繰り返す

 

結局お茶もタバコ代も払わず

手土産まで待たせてくれて出発

 

こんなことが中国でもベトナムでもよくある

有り難い、有り難いけど

お金を払わないのが普通に感じてきた自分が怖い

 

 

 

 

ラオスとの国境が近づくにつれ

小さな町すら無くなる

 

中国とベトナムの国境もそうだったけど

国境付近には人がいない

 

ゲート以外から国境を越えられないような場所にあるみたいだ

 

そんな人離れした山道を走っていると

森の中から声が聞こえてきた

 

動物よりも怖い若者だ、、、

 

路肩には何台もの原付が止まり

その先には地面に座った若者達

 

サラーっと通り過ぎるはずが

手前にいた数人に捕まった

 

f:id:yuki_maruiyama:20181212214014j:image

 

招待された宴会場には

10代から20代前半の若者達が10人弱

 

自己紹介よりも先にビールを飲んだ


f:id:yuki_maruiyama:20181212214021j:image

 

ひとりひとりと挨拶をし

乾杯する度に一気飲み

 

通りすがりの人達も加わり

もう、何度乾杯したかは覚えてない、、、

 

f:id:yuki_maruiyama:20181212214026j:image

 

この写真の好青年は日本語が少し分かる

日本人とのクゥオーター?ハーフ?らしい

 

そんな偶然もあって仲良くなり

カラオケに行くことになった

 

カラオケがある町までは

来た森を抜けないといけない

 

ベロンベロンになった自転車乗りには正直キツイ

原付の後ろに捕まって引っ張ってもらう

 

酔ってるとスピードを感じなくなる

どんどんスピードを上げてもらい

エグい転び方をして血だらけに

 

みんなドン引くほど

 

なんとかカラオケに着き

もらったTシャツに着替えて

血を洗い流す

 

やっとキレイになったのに今度はゲロゲロ

 

吐いてスッキリしてまた呑んで

何を歌ったなんて全く覚えない


f:id:yuki_maruiyama:20181212214018j:image

f:id:yuki_maruiyama:20181214083640j:image

 

この2枚の写真も記憶無し

 

気がつくとベッドの上で

シーリングファンを見つめてる

 

目がクルクル回って

トイレに行きながら吐いた

 

ホテルは取ってないはず

それにどうやってここまで来たのか

 

荷物も自転車もカメラもお金もある

ないのは記憶だけ

 

ゲロゲロしてるとオーナーが来て

朝食に招待された

 

部屋も食事もタダだと

異国の酔っ払いが可哀想になったみたいだ

 

あんなにゲロゲロしてたのにお粥はスラスラ入る

お茶飲むと気分も落ち着いて

やっとヤバかった事に気がついた

 

異国でこんなことをしたら

普通なにをされるかわかったもんじゃない

友達に感謝しないと

 

しばらくすると友達が来てくれ

お別れをして出発

 

やっぱり気持ち悪いわ。。。

 

 

 

 

 

次回は、「ラオス編突入」

 

 

よかったらInstagramもみてください

https://www.instagram.com/yuki_maruiyama/

 

 

体たらくな生活

 

キャンプでもホテルでもなく友達の家

こんなに落ち着くとは

 

旅が始まって、まだ約2週間

大したことをしたわけでもなく

2ヶ国目のベトナムに入ったばかり

 

なのに何もする気がおきない、、、

 

朝食も昼食もとらず

ポテトチップスにコカコーラ

ゲーム 、人生初のテイルズをプレイする

https://www.instagram.com/p/BJfQF9eDfa4/

小澤が家に帰ってくるまでの8時間

全てをゲームに使い

 

夜はみんなで食事をしてからウイイレ

今度は対戦ゲームだ

 

寝て起きるとまたゲームをし

小澤が帰ってくるで待つ

 

みんなから旅人と言われるようになったのに

ただのニートに戻ってしまった、、、

 

言い訳は、まだ旅も始まったばかりで

筋肉が自転車仕様になってない

 

歩くのも、自転車に乗るのも

どっちも辛い中途半端な状態

 

何日か休めばまた走れるはず

 

が、すでに1週間も小澤家にお世話になってる

 

1番良くなかったのは電気式バイクを手に入れたこと

これが楽で楽しい

自転車と違って一瞬でスピードがでるし

この風を切ってる感じがたまらない

https://www.instagram.com/p/BJh4M8iDgsn/

day21旅人みつけた#bicycle #自転車旅 #trip #aroundtheworld #hanoi #vietnam

ベトナムでは、電気式バイクは免許が必要ない

2年前とルールが変わってなければ

スピードはほぼ原付と変わらず

半日充電すると2,3時間走る

観光におススメです!

 

 

旅をしてて初めて

海外の日本人コミュニティにも参加させてもらった

 

f:id:yuki_maruiyama:20181207204223j:image

 

ほとんどの人は出張で2,3年

あとは学生さんと、現地に根付いて働いてる人

 

f:id:yuki_maruiyama:20181207204226j:image

 

ベトナム人と結婚して移り住んだ人もいる

 

f:id:yuki_maruiyama:20181207204231j:image

 

生き方も考え方も違う日本人

 

よく旅をしてていいのか?

旅をする意味はあるのか?

なんて考えることがあるけど

 

この人達に出会って

旅も悪くないなって思った

 

旅をしていなければ出会わなかったし

違う人や文化に触れることもない

 

ゲームをクリアしたら旅人に戻ろう!

 

お世話になりました。

 

 

 

 

 

次回は、「ベトナム編、ローカル」

 

 

よかったらInstagramもみてください

https://www.instagram.com/yuki_maruiyama/

 

 

 

 

 

ベトナム編、小澤家へ爆走

 

文を書くのは嫌い

ただ良いこともある

 

ブログを書くと記憶が鮮明に蘇る

この記事を書いていると大学時代の記憶まで広がり

まだ若く、何でもできると思ってた学生時代が懐かしくなった

 

誰かのためにってより

自分の記憶の整理のために書いてるのかな

 

そんな思い出が蘇った

大学時代の友人、小澤へ会いに行くはなし

 

 

 

まずは、中国から国境を超えベトナムに入る

 

f:id:yuki_maruiyama:20181201014002j:image

 

人や車を見かけず、信号すら無い

急に文明が無くなり不安になった

 

大学時代の友人の小澤が

転勤でベトナムハノイにいるらしく

ハノイにたどり着けばなんとかなる

 

ただどうしたものか、、、

 

確実にマン喫はない

キャンプするにはワイルドすぎる

まだ旅の序盤の序盤で覚悟が決まらない

 

とりあえず休憩

どこから来たのかオバさんがひとり

ガードレールを壁と椅子にしたカフェで休むことにした

 

f:id:yuki_maruiyama:20181201015135j:image

 

まず悩んだり、疲れたら糖分摂取

これが自転車旅では1番大事

 

ルートをチェックし作戦を立てる

ほぼ直線で高低差はあまりなく約190km

時間はまだ朝の9時前

 

イケる気がしてきた

 

キャンプをするぐらいなら一気に走る作戦

これはもう作戦ではない

気持ちの問題だ

 

1時間、2時間、3時間と順調に走り続け

風景が少し変わってきた

f:id:yuki_maruiyama:20181201075855j:image

意外といいのが日本や中国と違って信号がない

その分止まらず自分のペースで走れる

 

4時間を過ぎ集中力が切れてきてたころ

初の信号が見えた

f:id:yuki_maruiyama:20181201080257j:image

 

信号で止まるのと同時に気持ちが切れ足が止まる

 

f:id:yuki_maruiyama:20181204210555j:image

 

トウモロコシが浮いた謎のパフェで糖分を摂取し

残すはあと100km程度

 

大体100kmを切り、80kmぐらいから射程圏内

50kmを切るともう気持ちはゴール間近で

20kmになると疲れを忘れてアドレナリン全開

 

小澤家までバイパス?みたいな道を爆走

自転車は走ってなく、もちろん人も歩いてない

あれは走っていい道だったのか、、、

 

約100kmを4時間半で走り

予定より少し遅い19時にハノイに到着した

 

ただ、なんど電話をかけても小澤に通じず

2時間が経過する、、、終わりだ

 

と思ってると

マンションの管理人が小澤を起こしてくれ

自分だけ感動の再会

 

小澤は眠たそうに「おつかれ、よく来たね!」と

 

なんだか拍子抜けだけど

小澤は小澤のままだ、なんだか落ち着いた。

 

f:id:yuki_maruiyama:20181204213016j:image

 

 

次回は、「ベトナム編続き、体たらくな生活をおくる」

 

 

よかったらInstagramもみてください

https://www.instagram.com/yuki_maruiyama/

 

 

 

 

 

 

 

 

再会、韓国からやってきた自転車乗り

 

まさかバレンシアにSonがやってくるとは、、、

 

f:id:yuki_maruiyama:20181130193749j:image


出会いはギリシャサントリーニ島

Sonに出会った瞬間ヤバイ匂いがした

 


臭いって意味じゃない

只者じゃない、なにかヤバイ感じ

アフリカで会った5,6年旅をしてるスイス人夫婦以来

 


旅が好き、よりも自転車旅が好き

旅にでなきゃどうしようもないエネルギーと

今を生きてる感じ

 


は、僕にはない

 

 

 

 

Sonとはすぐに意気投合しキャンプをすることに

 


廃墟を見つけ、テントを張り

簡易シャワーに台所まで設置

 


島ではホームレスと一緒に寝てたからかなりのグレードアップ

 


結局2日も寝床を借りた

 

 

Sonとは島で別れ別々の道に

ルートも走る距離も違う

僕は1日平均で160km、Sonは平均80km

日が経つほど2人の距離は離れる

 

 

ルートはバスや電車移動と違い無限にあり

バックパーカーみたいに街で長居せず

山や海などでキャンプをする

 

 

自転車乗りが再会するのは難しい

この旅では会えないと思ってたのに

まさかのバレンシアで再会できるとは

 

 

なんだかんだ世界は狭い

自転車乗りには少し大きいだけ

 

 

また再会できる気がする

ふたりとも未踏の南アメリカ大陸

 

 

 

 

おまけ、

気になる!自転車乗りの荷物って?

 

f:id:yuki_maruiyama:20181130195047j:image

誰もが驚く荷物の量

とくに韓国人の自転車乗りは荷物が多いような気がする

 

家まるごと移動してる感じ

 

まずは必要最低限のテントに寝袋

調理道具や調味料で5kgぐらい

衣類が多くて40ℓのカバンが満パンかな

 

面白いのが韓国人は絶対にコチュジャンを持ってる

これがなにより大事みたい

バレンシアでも中国人街まで買いに行った

f:id:yuki_maruiyama:20181130195703j:image

 

初めて見たモノはマイク

世界中でKARAOKEは有名だからいいかも

すぐ友達ができそう

f:id:yuki_maruiyama:20181130195854j:image

 

 

f:id:yuki_maruiyama:20181130200628j:image

ぼくの荷物はこんな感じ(アメリカ横断時)

とくに変わったモノはない

 

テントに寝袋、調理道具は一切持たず

フランスパンヌテラを毎日食べる

 

靴下とパンツは途中で捨ててより軽量化

支度と片付けが楽でいい

 

荷物をひとつにまとめると移動も簡単

何かあってもカバンひとつで逃げられる

 

 

極端に違うふたりの荷物

限られた荷物をどう選ぶか

旅人の荷物を見るのは面白い

 

 

 

次回は「ベトナム編、小澤家へ爆走」

旅の記録に戻ります。

 

 

 

 

よかったらInstagramもみてください

https://www.instagram.com/yuki_maruiyama/

 

中国ババアの不思議とアクシデント、ベトナムへ初の国境越え

 

中国には不思議が沢山ある

 


Googlefacebookも中国じゃ使えない

暇人が多すぎる、首都の北京ですらいたるところに

動く物はなんでも食べる(2足歩行以外なら)

 


中でも特に不思議なのは

夜9時を過ぎると公園から爆音が流れだす

 


公園をのぞくと

碁盤の目のようにキッチリ並んだババア達

 


一糸乱れず、休まず踊る

どう指揮をとればああなるのか、、、

 


初めて見た時はあまりにも大規模で

なにかのイベントかと思うほど

 


初めの頃はうるさくて避けてたけど

夜中にひとりでいるとババア達が恋しくなり

いつのまにか公園を探すようになってた

 

https://www.facebook.com/100004481071703/posts/644305605728803/


中国を旅する人は絶対に見てほしい

 

 

 

 


そんなババア達ともお別れが近づき

初の国境越えベトナムが見えてきた

 


ところでトラブルが

 


豪雨の翌日

道路が浸水して通れず

回り道もないとのこと、、、

 


人も車もバイクも通れず立ち往生

ただなぜかトラックだけが動いてる

 

 

頼むと10元(約160円)で運んでくれた

肉まん5つ分?? まぁまぁの出費

 

 

https://www.facebook.com/100004481071703/posts/643448099147887/

 

 

新幹線を使ったおかげで

あっという間にこのでかい大陸も横断

 

 

とうとうベトナムへ国境越え

 

 

拍子抜けなぐらい簡単で

日本人は大した検査もなくスルー

あのドキドキはなんだったのか、、、

 

 

 

次回は「ベトナム編、小澤家へ爆走」

の前に韓国人の自転車乗りSonとバレンシアで再会のはなし

 

 

 

 

おまけ、中国の思い出

 

名前をど忘れした、中国人のYouTuber的な自転車乗り

僕に中国を紹介したいと2日間一緒に行動した

 

朝・昼・晩と食事をご馳走してくれ

まさかのホテルまで

 

ただ部屋に入ってすぐウンコをトイレに詰まらせた

彼の名前は忘れたけど、あの臭いは忘れない

 

f:id:yuki_maruiyama:20181123075935j:image

町外れでキャンプ、彼は人目を恐れてた


f:id:yuki_maruiyama:20181123075956j:image

好物の白切鶏(バイザンチー??)


f:id:yuki_maruiyama:20181123080004j:image

たぶん鶏の足


f:id:yuki_maruiyama:20181123075948j:image

なぞのラーメンは激ウマ

 

f:id:yuki_maruiyama:20181123075925j:image

なんだったか? 龍眼?

 

色々ご馳走になりました。

 

 

 

よかったらInstagramもみてください

https://www.instagram.com/yuki_maruiyama/

 

 

 

 

手懐けた子供達

day9

f:id:yuki_maruiyama:20181109090100j:image


子供に国も人種も言葉も関係ない

ただ一緒に遊べばいい

楽しいか詰まらないかだけ

 


秘密兵器のフリスビーは効果抜群で

子供達を狂わせた

 


昔からの日本の遊びもメチャクチャうけて

指相撲にお尻相撲、指スマに指剣道

名前の知らない遊びが無限にある

 


子供達を手懐ければ

大人達の懐に入ったようなもの

これが旅人の技だ

 


子供達のお願いでもう一泊することになり

寝床はグレードアップしてフカフカのベッド

1日5食になった。

 

f:id:yuki_maruiyama:20181109085842j:image

 

f:id:yuki_maruiyama:20181109085848j:image

 

子供を見る度にこの家族を思い出す

 

日本から勉強道具とフリスビーを送って

手紙が帰ってきたのは一年後ぐらい

中国とのやりとりは大変だ、、、

 

 


次回は「中国ババアの不思議とアクシデント、ベトナムへ初の国境越え」

 


よかったらInstagramもみてください

https://www.instagram.com/yuki_maruiyama/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供には国も人種も言葉も関係ない

day8

 


まさかの、、、

 


夜ごはんに入ったラーメン屋さん

おばさん3人で作ってる割に客はゼロ

とりあえず普通のラーメンを注文した

 


ぼくのテーブルにラーメンを運ぶと

おばさん達がぼくを囲って席につく

なぜかみんなで夕食が始まった

 


おばさん達はなぜかニコニコで

「客がいないからって不味いと思ってるんだろ」

「食べればわかる」って顔してる

 


「いやいや、旅で疲れてるからリアクション薄いよ」って顔をぼくはした

 


食べた途端にニヤけてきて

おばさん達の顔はドヤドヤって感じ

 


おばさん達は気を良くしたのか

頼んでない卵にピリ辛ナス炒めをもってきて

また、ドヤドヤ顔

 


それがまた美味い

自然と顔がほころんで

おばさん達もニコニコが止まらない

 


そこからは無限ループで

食べて食べて麺すら減らない

どんどん皿に注ぎこまれた

 

f:id:yuki_maruiyama:20181103073344j:image


それが30分以上も続いて

上からも下からも溢れ出そう

もう限界で腹に激痛がきた

 


少し席で休んでると

おばさん達の子供がやってきて揉みくちゃに

 


メチャクチャ人懐っこくて

携帯翻訳でバンバン会話してくる

子供達のおかげでおばさん達とも会話ができた

 

f:id:yuki_maruiyama:20181103073615j:image


ぼくが自転車で世界一周中だって言うと

みんなが一瞬かたまってから一斉に話しだす

もう携帯翻訳なんて追いつかない

 


初めての旅人みたいで

どんどん家族が集まってきてお店は満席

家族会議が開かれた

 


子供達に泊まる場所を聞かれ

キャンプかマン喫と答える

「いやいや、えっ、本当に?」みたいな顔で

親達と話しだした

 


親達は少し不審な顔でこっちをうかがい

おばさん達はただ笑ってる

 


子供達の説得でなんとか話がまとまり

泊めてくれることになった

 


30kmで走る車を必死で追いかけ

20分もするとボロッボロの町工場に到着

これが家みたいだ

 


あまりに、、、

なんて言えばいいか分からない

中国っぽすぎて正直ビックリした

 


ただお腹もいっぱいで

安心して眠れる場所がある

これほど幸せなことはない

 


子供達がいなきゃ

今夜も路頭に迷ってたかも

 


感謝してもしきれない

 


谢谢。

 

f:id:yuki_maruiyama:20181103073844j:image

寝床は玄関前のベンチ

ダンボールとマットを敷いて完成

ネズミがいなきゃどこでも快適

 

 


次回は、「子供には国も人種も言葉も関係ない」続き

 

 

 

 

よかったらInstagramもみてください

https://www.instagram.com/yuki_maruiyama/